スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

ヴェニスの商人@彩の国芸術劇場

2013/09/16 16:14 

土曜日に彩の国芸術劇場で蜷川監督のヴェニスの商人を観てきました!


久々にチケット代を軽く超えるいいお芝居でした♪

8月に帝劇でやってた二都物語もかなり好きだったし、ウィキッド@電通四季劇場も初見で面白かったんだけど、

特に二都物語は、日程が合えばもう1回観に行っただろうなぁー


で、ヴェニス…
わざわざ彩の国まで行ってきた甲斐があるわぁー♪ヽ(´▽`)/


キャストがいつもの蜷川シェイクスピアシリーズとちょっと違っていて、新鮮で面白かったです。

オールメールキャストで、ポーシャも男性の俳優さんなんだけど、全然無理がないし

バルサザーに化けて出てくるところ
バルサザーがイケメンすぎて動揺www


ポーシャだけじゃなくて、大体の皆さんがパンフのニュートラルな状態とステージ上の役の姿がぜーんぜん違ってびっくりー三( ゜∀゜)


主役のシャイロックは市川猿之介さん
歌舞伎テイストな台詞回しで面白かったなぁー


幕間も終演後も「なんか歌舞伎見たくなってきたー」と言いながら帰ってきましたー。

でも歌舞伎座は高いので、国立劇場で。


アントーニオは高橋克実さん。トリビアの人ね。
ちゃんとお芝居してるの見たことなかったんだけど、良かったんじゃないでしょうか。


一昨年に四季で観たヴェニスはシャイロックが平幹次郎さんで、それも存在感があってすごく印象に残ってます。
シャイロックはやっぱり名優が存在感を出してくれないと、悲劇として締まらないなぁーと改めて実感。

今回は、ネリッサとかが笑える演出だったので、喜劇で終わっても良さそうな空気でしたが、猿之介さんシャイロックがビシッと緊迫感を与えて締めてくれて良かったなぁー(*´∇`*)

スポンサーサイト

舞台Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント:

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。